寝ない赤ちゃん体験談(1)


寝ない新生児を迎える

「赤ちゃん・新生児が寝ない!どうしたらよいでしょう?」

インターネットの掲示板の「ママの悩みコーナー」で、よくこういう書き込みをみかけます。
「赤ちゃん」「寝ない」で検索すると、山ほど記事がヒットします。
そういった書き込みを見るたび、「そうだよなぁ。悩むよねぇ」と、しみじみ思ってしまいます。

何を隠そう、私が、強く強くそう思い、悩んでいたから。

育児本によると、赤ちゃんって大体三時間おきにおっぱい、ねんねを繰り返すなんて書いてあります。

そういえば、新生児の時期を 『ねんねの時期』 なんて紹介してある本も多くありますね。

確かに眠ってばかりいる赤ちゃんもいるんですよね。
私のお友達でも、

「もう、この子、赤ちゃんのころ眠ってばっかりだったの~。もっと抱っこしてあげればよかったわぁ」

なんていうママもいるくらいです。

そんなママ友達の話を聞いて、私はあせったものです。そして悲しくもなりました。
でも!
心配しないでください、寝ない子のママ。ずっと抱っこのママ。


そういう赤ちゃんもいます。


これを知ったのは、インターネットのお陰です。
いろいろと子育て掲示板を覗くと、結構「赤ちゃんが寝なくて困った」という書き込みが多いのです。

私だってその一人。

私が想像する”赤ちゃんのお世話風景”では、
ベビーベッドですやすや眠る我が子。そしてそれをベッドの柵越しにまったり見つめるママ。ぐっすり眠った我が子のほっぺを、時々、ちょこっと触ったりして…。

しかし、実際には…?

寝ない。泣く。
寝ない。泣く。
寝ない。泣く。

寝~な~い~~~っっっ! 泣~き~や~ま~な~い~~っっ!

産まれたばかりの私の赤ちゃん。
寝ないのです。
抱っこしていないと、泣くのです。
もうくたくた。
赤ちゃんを愛でる余裕なんか、これっぽっちもありゃしない。
だから、ウチには新生児の頃の赤ちゃんのあまり写真がありません。

ほっぺを触るぅ~? とんでもなぁい!!
だれが、やぁーーーっと眠った子を触るかい~っ!!
いつも叫びたかったです。


「だれやぁーーーーーっ! 赤ちゃんが眠るって言ったんはーーーーーっ!」


うん。
うちの、赤ちゃんは寝ないんです。

本だけを頼りにしていたら、ほんと、すごく危険でしたねぇ。


赤ちゃんを知らない私

赤ちゃんを知らなすぎました…(T-T)
私。

いやね。
新生児のお世話は、昔、ちょこっとやったことはあったんです。
兄のお嫁さんのところに、大学生のころ、産後ヘルプ(買い物や洗濯や掃除)に行った経験があるんですよ。

生まれ立ての、兄嫁の赤ちゃん。
まぁ、小さくてかわいい。

で。
ベッドで寝てばっかり!

兄のお嫁さんも、ゆったり座ったり、お布団に横になったり、くつろいでいるシーンが多かったなぁ。
そして、時々ご飯を作ったり(調理は兄嫁がしてくれました)、兄のお弁当を作ったり…。
その間、静かに寝ている赤ちゃん。
思い出してみると、1週間のヘルプの間、赤ちゃんの泣き声を聞いたのはほんの数回だったような記憶がします。
しかも、ギャン泣きなんて聞いたこともない!
(いま思うと、本当にすごいなぁ。赤ちゃんの泣き声を聞いた記憶があまりないだなんて! 同じ赤ちゃんなのに、こーーんなに差がある。これじゃ、寝る赤ちゃんと寝ない赤ちゃんを育てるママとの間では、わかり合うことはちょっと難しい)

当時の私は、「ほうほう。新生児の育児とはこういうものかぁ」とわかった気になっていました。
だから、新生児のお世話には少しは慣れているはずだったんです。

そして、実際の自分の新生児子育てはというと…。

まず出産。

産院では、母子別室。
自分が産んだ我が子なのに、昼間、夜中、何をしてどんなふうにすごしているかを全然知らなかった。

三時間ごとの授乳は、授乳室で行いました。我が子と触れ合えるのはその30分だけ。
泣いてようが、眠っていようが、授乳が終われば、助産士さんに赤ちゃんを返していました。
なんの疑いも、問題も感じていませんでしたね。
「そうか、こういうものなんだ」と思っていました。

入院中、私の産後の体調が思わしくなく、発熱したりと色々とトラブルがありました。晴れて退院を迎えたのは、出産から実に二週間後。

そこから、いきなりの24時間母子密着生活が始まりました。
まだ元気いっぱいの私は、自宅での赤ちゃんのお世話に意気込んでいましたね。

「私も母親になったのねぇ。えへへぇ」

ってなもんでした。

思い出すのは、退院当日。自宅でのこと。
当然、赤ちゃんは泣きます。
最初の五分や十分の泣き声タイムは全然平気でしたね。私も余裕しゃくしゃく。

「おむつは濡れてない。じゃ、おっぱいね」

産院で教わったとおり、ちゃんと授乳しました。ゲップもさせました。

「さ。ねんね~」

大きなベビーベッドの、まっさらなベビー布団の上に赤ちゃんを乗せます。
我が子はすぅすぅ眠るはずでした。
少なくとも1,2時間くらいは。
そして、私は母になった実感を、まったり、じっくり味わうはずだったのです。


が。

が。


が!


寝ません。


そぉ~~っとベッドに置いても、お布団に着陸した途端、


「んぎゃーっっっっ」


何回もトライしてみます。
でも、だめ。

2回。

3回。

だめだっ。ベッドに置いても起きる。起きる。起きる。

「え? ちょ、まって」「あれ?」
どんどん気持ちが焦ります。

お前は、超高性能ベッド感知器が備わっているのか?
背中に何かのスイッチがあるのか?
高さセンサーが付いてる?
傾きセンサー?
いったいなに?
なんでなんでなんで?

よーーーうやくベッドで寝かせることに成功した時には、もう私はへろへろ。

呆然とため息をついて、座り込みました。
しかし、それもつかの間。


「んっ。む………………(無言のタメ)、ひゅえ~~っっっ!!」


「うそぉ~~(T-T)」


産院から退院してきたその夜、うちの子は寝ない赤ちゃんだという事実を突きつけられたのです。


寝ない赤ちゃん体験談(2)


Tweet


よく読まれているページ

ママの辛いココロ
ママが不眠に!?
寝ない赤ちゃん・寝る赤ちゃん
赤ちゃんは夜泣き。何故パパは横で熟睡できるのか!?
ママ友って必要?


寝ない赤ちゃん体験談

寝ない赤ちゃん体験談(はじめに)
寝ない赤ちゃん体験談(1)
寝ない赤ちゃん体験談(2)
寝ない赤ちゃん体験談(3)


寝ない赤ちゃん育児を変えよう

寝ない赤ちゃんと向き合う
ベッドで寝かせるのを諦めよう
何はともあれ、抱っこひも
寝かし付けの工夫
お風呂(沐浴)を工夫
赤ちゃんの入眠・起床
ベビーマッサージ
授乳時間をエンジョイ
ネットを上手に活用
パパに育児ヘルプを!
頻回授乳のすすめ


辛いココロを切り替えよう

ママの辛いココロ
うつむきたくなった時に読むことば
番外編:ママの不眠
番外編:二人目を考え始めた時
番外編:素敵なママになろう


寝ない赤ちゃんの不思議

何故泣く?何故抱っこ?
寝ない赤ちゃん・寝る赤ちゃん
「夜泣き」と「シナプス」
抱っこして歩くと泣き止む赤ちゃん
よその赤ちゃんってどんな感じ?


抱っこの小道具

スリングを使ってみたら
腱鞘炎サポーターで手首痛解消
授乳エプロンでどこでも授乳
簡易抱っこ紐「ダコビー」
トコちゃんベルト


寝ない子ママのコラム

寝ない・泣き止まない赤ちゃんへの虐待を減らしたい
寝不足になると脳は不快な物に反応。抑制も効きにくい
不眠が脳にダメージを与える
赤ちゃんは夜泣き。何故パパは横で熟睡できるのか!?
ママ自身はケアされているか?
産後の母子同室・母子別室
迷子紐は虐待か? 正しい使い方は?
寝ない子のその後…
ママ友って必要?


寝ない子ママの助け合い掲示板



妊娠時の嫁姑問題
出産時の嫁姑問題
育児中の嫁姑問題


発熱時の看病のコツ
子どもの入院事前準備をしよう


乳腺炎の体験談
乳腺炎の症状(体に出る症状・母乳に出る症状)
乳腺炎の原因とは?


管理人「なおっぺ」の姉妹サイト

嫁姑問題応援サイト
実録★乳腺炎
子どもの入院準備と対策


 メールフォーム

2006-寝ない子ママの小道具図鑑  All rights reserved.
このサイトに掲載されている情報・画像・文章の著作権は、寝ない子ママの小道具図鑑にあります。無断で転載(複製・改変・模倣含む)することは堅くお断りいたします


ホームページに戻る