迷子紐は虐待か? 正しい使い方は?


 メールフォーム


Tweet

寝ない・泣き止まない赤ちゃんへの虐待を減らしたい
寝不足になると脳は不快な物に反応。抑制も効きにくい
不眠が脳にダメージを与える
赤ちゃんは夜泣き。何故パパは横で熟睡できるのか!?
ママ自身はケアされているか?
産後の母子同室・母子別室
迷子紐は虐待か? 正しい使い方は?
普段会わないおばあちゃんの前でだけ、よく寝る良い子!
寝ない子のその後…
ママ友って必要?

高校受験に有利な「習い事」って?



迷子紐について、「あれは虐待じゃないの?」「犬みたい」という否定的な意見がちらほら聞こえてきます。

たしかにね。
一見、「ペットみたい」に見えるかもしれません。リードがついているんですものね。
私がもしも子どもを産んでいなければ、迷子紐を付けて歩いているお子さんをみたらそう思ってしまうのかなぁとも思うのですが…。

でもね。
私、長男子育て中に、とても迷子紐にお世話になったんですよね


「なぜ迷子紐がいるの? 手を繋げばいいじゃないの?」
そういうかたが沢山居るのではないでしょうか?
いやいや、まってください。
なかなか「手を繋ぐ」ということが難しい状況もあるのです。


子の、「フェイント手ふりほどき攻撃」。
現実的には、一分一秒逃さず完璧には瞬時対応出来ない。

例えばね。
大人同士で、
「今から10分間、Aさんと一緒に手を繋ぎます。ぎゅーっと握ると血管が圧迫されるし、Aさんが嫌がるし、脱臼の恐れもあるからほどほどの強さで。途中で、クイズ、計算問題など出ますからそれに答えて。人も通りますからそれをよけてね。知り合いだったら挨拶してね。Aさんが話しかけてくるからそれにも答えてね。さて、そしてその間のどこかで、フェイントでAさんが手をふりほどきますから、それを阻止してくださいね」
そう予告されたとします。

もうこれね。…100%は阻止できないと思うのです。
現実世界では「手つなぎ10分間」なんてもんじゃない。外出中ずっと続くのです。
しかも、ずっと手の状態に集中するわけにもいかず、車・人・道路状態に気を配り、子のお話にも付き合いながら。

「おかあさん~、●ちゃんがねぇ~。昨日ねぇ~」
「うんうん。それで~?」母、ニコニコで子の会話に耳を傾ける。
次の瞬間、子は、視界に入ったチョウチョを見て 「あ! モンキチョウ~!」で駆け出そうとする時期があるんですよ。
でもって、子どもの手ほどきの素早さをあなどるなかれ。
シュッ、ですよ。もうシュッ(笑
早いのなんのって!
ヘタしたら、さっと手をすぼめてすり抜けやすいようにして、スナップ効かせて、シュッ、ダダダダッ(突進)! です。

もちろん、静かにずっと手を繋いでくれる子も多いですから、それなら、迷子紐なんて全然必要ないかもしれませんね。
すすんで手を繋ぐ子もいるくらいですからね。

でも、本能に直結しているような「好奇心の程度」というのは、本当に人様々。
出来れば手を繋ぎたくない。気になる対象物があればすぐにでも見てみたい。そいういうタイプのお子さんもいるんです。
その場合、上記に書いたように、

①周りの状況・子の状況・子の話に集中しつつ、常にフェイント手ほどきを察知し
②脱臼、鬱血しない適度な圧迫力で手を握りつつ
③一度、本当に一度たりとも「手ほどき脱走を許さない」(事故なんて、一回の脱走でも起こりますからね)
④毎日、毎日。一日に何度も。


これ、リアルで可能だと思いますか?
迷子紐の力を借りないと、ちょっと無理な話だとは思いませんか?


「手を繋ごうね」の言い聞かせは、完成形まですぐ到達するわけではない。
その間の対応策としての迷子紐

もちろん言い聞かせは必要ですね。
「手は繋ぎましょう」と諭す。
たしかに、何度も何度もそう教えられれば、次第にきちんと手を繋ぐようになるでしょう。
それは教育上、しつけとしてとても必要な事ですよね。
でも、その「常時きちんと手を繋ぐ」という「完成形」まで行き着くまでには、なんども「失敗」がある。しかもその「失敗」は命にかかわる重大事故に繋がる危険性をはらんでいる。
だとしたらその場合「予防策」(ようするに迷子紐)が必要なこともあるのではないでしょうか?
何かあってからでは遅いんです。
子どもの「好奇心(何かを見つけて、親の制止を振り切ってでもそれを近くで見たい、などの)」は、まさに本能の部類。それを、脳の未発達な子がコントロールするには、かなり大変なことだと想像するのは困難ではないはずです。

ついでにですが…。
昔はそういうものはなかったよ~、でも大丈夫だったよ~というかたもおられます。
でもね。
今と昔の「車・自転車交通量」は全然違いますよね…。


迷子紐の正しい使い方って?

またもう一つ。
迷子紐そのものについてです。
これ、「紐部分をのばした状態」にして使うのは間違っていると思います。
ん~、状況を説明すると、「まさに、犬の散歩状態」での使用ですね。
これだと、行き交う人々にとっても迷惑になりかねない。
しかも紐が長い分、子どもの安全を確保しにくい。

子どもと手を繋ぐ
その上で、紐をある程度短くまとめて持つ
あくまで「迷子にならないための目印紐」だと思うので、強度など、過度に信用しすぎない

これがいいのではと思っています。


迷子紐は虐待か?
と、聞かれれば私はNOと応えます。
昔と今とでは、交通量、人の行き交う多さ・スピードがかなり違っています。
スーパーマーケットだって、昔はあんなに大きくはなかった。
必要なお子さんにとっては「命綱」となっている場合も決して少なくない、ということがもっと広がれば…と思っています。


関連グッズ


Tweet


寝ない赤ちゃん体験談

寝ない赤ちゃん体験談(はじめに)
寝ない赤ちゃん体験談(1)
寝ない赤ちゃん体験談(2)
寝ない赤ちゃん体験談(3)


寝ない赤ちゃん育児を変えよう

寝ない赤ちゃんと向き合う
ベッドで寝かせるのを諦めよう
何はともあれ、抱っこひも
寝かし付けの工夫
お風呂(沐浴)を工夫
赤ちゃんの入眠・起床
ベビーマッサージ
授乳時間をエンジョイ
ネットを上手に活用
パパに育児ヘルプを!
頻回授乳のすすめ


辛いココロを切り替えよう

ママの辛いココロ
うつむきたくなった時に読むことば
番外編:ママの不眠
番外編:二人目を考え始めた時
番外編:素敵なママになろう


寝ない赤ちゃんの不思議

何故泣く?何故抱っこ?
寝ない赤ちゃん・寝る赤ちゃん
「夜泣き」と「シナプス」
抱っこして歩くと泣き止む赤ちゃん
よその赤ちゃんってどんな感じ?


抱っこの小道具

スリングを使ってみたら
腱鞘炎サポーターで手首痛解消
授乳エプロンでどこでも授乳
簡易抱っこ紐「ダコビー」
トコちゃんベルト


寝ない子ママのコラム

寝ない・泣き止まない赤ちゃんへの虐待を減らしたい
寝不足になると脳は不快な物に反応。抑制も効きにくい
不眠が脳にダメージを与える
赤ちゃんは夜泣き。何故パパは横で熟睡できるのか!?
ママ自身はケアされているか?
産後の母子同室・母子別室
迷子紐は虐待か? 正しい使い方は?
寝ない子のその後…
ママ友って必要?


寝ない子ママの助け合い掲示板


 メールフォーム

2006-寝ない子ママの小道具図鑑  All rights reserved.
このサイトに掲載されている情報・画像・文章の著作権は、寝ない子ママの小道具図鑑にあります。無断で転載(複製・改変・模倣含む)することは堅くお断りいたします


ホームページに戻る