寝ない子のその後


寝ない子のその後~寝ない子も育つよ

寝ない。
ずっと抱っこ。
こんな育児だったわけですが、その後、格段に楽になったのは、「はいはい」が出来るようになったころ。
物もはっきり見えるようになり、いろいろなころを少しずつ「理解」しだしたのでしょうね。
「ママがいなくて寂しい! 不安! 抱っこして!」という気持ちより、「これ、なんだろ? 面白そうだ」という気持ちが大きくなってきたのだと思います。

自分で色々なところへ行けるのが嬉しいらしく、まぁ、床に置くと、色んな所へはいはいしていきましたねぇ。
興味があるもの、新しいものを発見したときは、そのはいはいスピードが倍にアップ!

ちいさいゴミなどを見つけ、ぷくぷくの指でつまんで、しげしげと見る仕草などは、本当にかわいい! その姿をみているだけで、親は楽しい!

また、我が子の笑顔にもずいぶん、癒されました。
新生児のうちは、赤ちゃんはまだ笑わないので、赤ちゃんのお世話も「ううう。苦痛かも…」となってしまうこともありますが、(もちろんその後もそういう時期はあるんですけれどね(^-^;)笑うようになると、これが、親としては「へにゃへにゃぁん」となるくらい、癒されちゃうんですよね。その笑顔に!

また、ダンナも、「笑う我が子」を、前にも増してとてもかわいがるようになりました。
やっぱりねぇ。
あやしても、何しても訳も分からず泣きわめく我が子より、にぱぁって笑っている我が子は、かわいいよねぇ。

そうそう。
頻繁に泣かなくなったぶん楽になりましたが、「あれが欲しい」「これが取りたい」「そのおもちゃを取り上げるな~」と要求が増えて、その分、対応してあげなくてはいけないことが増えました。

おもちゃもたくさん買ったな~。
初めての子だったから、「これを与えたらどんな顔をするかしら~」とか思うと、買わずにいられない(^-^;
でも、結構高かったおもちゃなのに、すぐに、見せても喜ばなくなったり、かと思えば、ヤクルトの小さな空きボトルを異常に気に入って離さなかったり…。
難しいものですねぇ。

あとは、乳幼児ならではの危険もいっぱいありますから、対策もしましたね~。
つねに、床になにかが落ちていないかチェック。はいはいの時期の赤ちゃんって、なんでもかんでもお口に入れますからねぇ。大人が見えないようなちいさなものも、地べたを這っている赤ちゃんには良く見えていたりします。



寝ない子のその後~しかし、動きまくりすぎだよ。君…

長男。
歩けるようになってから、まぁ、大変でした。
こういう子もいるんだ、ということで、ご紹介しておきましょう。

歩けるようになって。
いや、この言葉は、ちょこっと不適切かも。

走れる。
と言った方が良いかも知れません。

長男くん、歩きませんでした。”走って”ました。

ここでも、子育てにつまづいたなぁ。わたし。
幼児ってね。歩き出したら「よちよち歩き」をするものだとばっかり思ってました。
かるがもの赤ちゃんが、ひなを連れてるでしょ?
あれみたいに、幼児というのは、<b>ママの後ろをちょこちょこくっついてくるものだ</b>とばかり思っていました。

うちの長男くん。
ちょこちょこ歩くのではなく、ダダダダーッと小走りに走って、コテッとこける。
走ってはこける。これの繰り返しなんです。
もちろん、母親のほうなんか、これっぽちも見ちゃいない。

で、まぁ、動きが早い! 早すぎる! そして、次の行動が読めない!

長男くんとともに行動するのは、非常に困難を極めました…(T-T)
もちろん、手をつないで歩きます。
しかし、その手を上手に振り切って、走り出して行ってしまうのですよね。

「きつく手を握っていればいいじゃーん」
とおっしゃるかたもおられるかもしれません。
でもねぇ。
”つないだ手を不意に振り切ったりされない程度のきつい握りかた”って相当強く握っていないとダメなんですよねぇ。
「痛い!」って声が出ちゃうくらい、絶えず握って置かないと、”不意の行動”には耐えられないのです。

言い聞かせも、口がすーーっぱくなるほどしました。
確かに効果は0ではないでしょう。
でも、所詮1歳児。
その効果が出るのには、時間と、根気と、なにより、本人の成長も必要ですよね。
外に出るたびに、
「だめーーーっっっ!! 手を握ってなさーーーいっっっ!」
と、一歳児相手に、鬼の形相で叫んでいる自分。
もう、つらくて、外に出たくなくなりましたねぇ。



寝ない子のその後~迷子ひも

言い聞かせもむなしく、たまぁ~に手を振り切り、駆けだしていってしまう長男くん。
ある時、信号待ちをしている時に、急に手をばーっと振り切ってしまうという事件がありました。
車道に飛び出る前に、ちゃんと腕をつかみ直したので、事なきを得ました。
ここ数日は、結構ちゃんと手を握っていてくれていたので、油断していたのかもしれません。

でも、

もし、あのとき、腕を掴み直せなくて、車道に飛び出していたら…

考えると、恐ろしくて体が震えました。

結局、迷子ひもを購入しました。
犬などにつけるような、リードです。
本来の目的は、「迷子にならないように」するためのひもです。
でも、うちにとっては、「命綱」みたいなものになってました。

長男に、迷子ひもを付けて、なおかつ、ぎゅーーっと手を握って、歩く毎日。
これで、少しは、精神的にも楽になったなぁ~。
でもね。
色々と言われましたよ。
道ですれ違うおじいちゃんには、

「犬かと思ったわ」

知らない子どもには、

「ねぇ、なんでひもを付けてるの?」

頼むからそっとしておいて~って感じでした。
でも、道を歩いていて、向こうから同じように迷子ひもを付けている親子連れに出会うと、思わず「うんうん。これ、役立ちますよねぇ」と、無言で微笑み合って挨拶したりすることもあったりしましたね~。

うちの実家の父もね。
久しぶりに会って、初めて、長男が迷子ひもを付けているところを見せたら、

「なんじゃこら…」

と顔をしかめて言いました。
そりゃね。うちの父の世代にはこんなものなかったものね。
でも、

「長男くんと散歩してくるわ」

と言って戻ってきた後、(もちろんわたしも付いていって、いかに長男くんが激しい動きをするかを実際に見せた)

「こりゃ、いるわ。このひも」

と、その存在を認めてもらいました。(^-^;

抱っこ紐に関するなおっぺの考えはこちらで読めます



寝ない子のその後~ママ友、できませーーん

公園デビューのお話です。

公園などに行くとね。
ママが砂場の淵に座って、で、子ども達が、砂場で仲良く(ま、喧嘩もありますが)砂をいじったり、おもちゃで遊んだりしていますよね。
わたしもそういうの、夢見ていました。

「そろそろ、うちのチビも、公園につれていかなくちゃいけないわ」

歩き始めた(いや、走り始めた…か?)1歳ちょっとすぎのころ。公園デビューを意気込んでいるわたし。
しかし、実際には、なかなか公園デビューもすんなりいきませんでした。

なんというかねぇ。
うちの長男。
「親が想像していた公園での遊び方」を、まったくしてくれませんでした。

買いそろえたお砂場セットなんか見向きもしない。
ブランコも、滑り台も無視!
ひたすら、公園内を走り回る。(そしてこける)走り回る。(そしてこける)。
ま、一歳ちょっと過ぎですものね。

そして、その後を追いかけ回す、わたし…。

わたしは、君の「後追い」かーーい!
普通は、君が、わたしの「後追い」するんちゃうんかーい!


その当時は、そういう自分の姿、恥ずかしいと思っていたなぁ。

(周りのママはどう思ってる? わたしのこと! みんな誰か他のママ友といっしょに談笑してるのに、わたしだけ一人。やだな。孤独な人って思われてる? あぁ、わたしもベンチで座って和みたい。座ってられるなんて、うらやましいーー!)

という感じ。

そんな親の気持ちを知ってか知らずか、おとなしく砂場で遊んでいるちびっこ達(うちと変わらないような年齢)の間を無理矢理かき分けるように、他人のおもちゃや砂の山を蹴散らし、ひたむきに走り回る我が子…。
そして「すみません~」と謝りながら、砂場のふちに座って談笑中のママ達の周りをちょろちょろ後追いするわたし…。

あぁ~。なんだかママ達の視線が痛かったなぁ…。
「大変そうねぇ」という視線で見守ってくださるんですけれどね。それが、とてもつらく、惨めな気持ちにさえなりました…。

思い出しても、なんだか、つらいわ。

だから、「公園でママ友を作ろう」なんて思っていた野望も、無惨にうち砕かれました。

当時、わたしにはママ友なんていませんでした。

いやね。
強烈に「ママ友が欲しい~! 寂しい~!」と思っていたわけではありません。
本当は、チビと2人で、家でまったり遊んで過ごすのが大好き。

でも、時々、ちょこっと焦ったりするわけです。
例えば、スーパーなどに行ったときに、小さな赤ちゃんを連れたママ達が楽しそうにおしゃべりしてるのを見たりしたとき。
「う。わたしには、誰一人として、おしゃべりする相手がいない」
とか思ったりするわけです。

わたしは、マンションに住んでいるのですが、いつも、入り口付近にいるママ集団(子ども連れ)をすり抜けるときに、「こんにちは~。いい天気ですね」と挨拶はしますが、それ以上に発展しない…。相手のママ達も自分達のおしゃべりに忙しくて、そのおしゃべりを止めてまでわたしをかまっている暇はないものね。

(というかさ~。あのママ達と仲良くしたい!って仮に思っても、ママ達が集まって談笑しているところに、なんと言って入っていく? 「こんにちは! わたし○○と言います」とか言うのかしら? ヘンだよね~。話しかけられたママ達も、「はい。えと、そうですか」ですよねぇ)

その集団の中に入って、何時間も井戸端会議したいなんて、これっぽっちも思わない。でも、その集団を見かけるたび、なんだーか憂鬱な気持ち、不安な気持ちになってしまうんですよね。


というわけで、

「家でまったりするのが好き~。他のママと何時間もつるむのは好きじゃなーい」
「でも、ママ友が一人もいないのって、どうなのよ~」

という、相反する気持ちを抱えているわたし。
うーん。この、矛盾する気持ち、分かってもらえるかな…。
まぁ、やっぱり世間並みに、ママ友がほしかったんでしょうね…。

で。
わたしは、無謀にも、「よし、公園で自分から声をかけて友達を作ってみよう」などと、もくろんでいたのよね~。
でもね。
動き回る長男くんと一緒にいたのでは、それは困難だということに気付きました。

会話が続かないのです。

「こんにちは~」とお砂場付近のママに声をかけると、相手も「こんにちは~」と返事がくるのですが、そこからが続かない…。

「何歳のお子さんですか~?」って相手に質問する前に、我が子はもう、とおーーい所へ駆けて行っているのですから…。

やむを得ず、長男を追いかけるわたし。
そのママとの会話はそれっきり。


ママ友なんか、できるかーーい!


まぁね。
公園というのは、本来、子どもが遊びに行くところですからね。
ママ友を作りに行く場所じゃありませんものね。
堂々と、「子どもだけ」遊ばせていれば良かったのですよね。
後から気が付きました。
よーく観察してみると、結構「一人」でいるママも大勢いるんです。


それにね。
1歳の子。
まだまだママが側にいて、相手をして、公園を2人で散歩したり、一緒に買い物を体験したりするので、十分だったようです。

うちの次男くんも、そのうち公園デビューする日が来るんでしょうね。
多分、その時は、もしも次男くんを「後追い」するようなことになったとしても、「はいはい~。ごめんなさいよ~。ちょっと通してね~」とかなんとか言いながら、堂々と「後追い」すると思います。(^-^;

でね。
今その「公園走り回り幼児」だった長男ですが…。
今現在、本当に落ち着いた、静か~な男子ですよ(笑 周りのママ友から「落ち着いてるねぇ」と言われる程。
中学校通知簿にも「多くの友人に好かれ、クラスの癒しの存在」とまで書いてもらいました。
学力も良く、かなり良い高校に入ってくれましたよ!(*^_^*)



寝ない子のその後~リトミック教室

で、いれたのが、リトミック教室。
音楽に合わせて踊ったり、ちょっとした体操をしたりする教室です。(といっても、本当に”集まり”という感じですが。

ここでも、長男くん。
大暴れ。
ははは。

踊りゃぁしねぇっ!

一人、あっちへいったりこっちへいったり。
お話の時間(ちょっとした本を先生が読んでくれる)もあったのですが、その時もなかなかじっとしていませんでしたねぇ。
とはいえ、同い年の子どもたちもあまりじっとしていませんでしたがね。
もちろん、ちゃーんとおとなしく踊ったり、本を読むのを聞いていたりする子もいました。
(女の子に多かった気がします)

ここの教室は、10人程度。
ちいさな公民館を借りて行います。
わたしは、ここで初めてママ友が出来ましたね~。
いままでは、ずーーっと長男の「後追い」をしていましたが、初めてこの場所では、「後追い」をせずに済んだからです。
で、思う存分、ママ達とおしゃべりをすることも出来ました。

長男くんと同じように活発な子、それ以上に活発な子、色々触れあうことができて、とても面白かったし、「自分の子だけが、動き回る子じゃないんだ」と感じましたね~。

そうそう。「活発に動き回る子がたくさんいる」と知った後、ちょっと思ったこととしては…。
以前、

「公園にいる子どもたちって、なんであんなにおとなしいんだろう…。うちは、なんでこんなに大変なんだろう」

って考えていたんですが、よーく考えると…。
そういう親子は、公園にあまり来ないのかも。もっと月齢があがって、落ち着いてから来ようと思っているとか、または、わたしみたいに「公園で周りのおとなしい子を見て、”うちは何故にせわしなく動くのか~”と落ち込むのがいや」とか…ね。
だから、必然的に、公園に来ているお子さんたちっていうのは、結構大人しい子がおおいのかな~、と思ったりして。
もちろん一概には言えませんけれどね。

なんにせよ、この教室にはいったことは正解でした。
園に入るまえの、準備段階にもなりましたしね。

そろそろ友達が欲しいなと思っているママ、どこかのサークルに顔を出してみるのも良いかも知れませんよ~。
ネットなどで、「子育て」「サークル」などと検索してみると、案外たくさんヒットするかもしれません。
公園では、なかなかその場限りのお友達しかできませんが、(子どもを遊ばせるために行くのが公園ですからね~!)ここなら、毎週顔を合わせるので、自然と仲良くなることができたりしますしね。

※もちろん、サークルといっても、いろんな趣旨のサークルがあり、いろんなママが集まってきています。合うサークル、合わないサークル、年齢が違いすぎるママばっかりのサークル、いろいろあると思います。
やっぱり、何個かサークルに顔を出してみて、「これがいいかな」というサークルに入るのがいいと思います~。

ほんと、教室はたのしかったなぁ。
七夕祭りとか、雛祭りとか、ようやく「子どもを持ったなぁ」と実感できるような遊びを大勢でやったりして…。
とはいえ、長男。最後までほとんど踊ったりしてませんでしたけれどね~。本人は、その場所にいて、みんなが踊っている横ではしゃいでいるのが楽しいようでした。
先生(ベテランです)曰く、
「無理に踊らせようとしなくていいわよ~。そのうちちゃんと踊ったりするようになるから」
とのこと。

はい。
5歳になったら、ちゃーんと踊っております。歌っております。
道路の飛び出しもありません。
友達も沢山でき、先生にも「穏やかでいいこですね。友達からもすごく好かれていますよ」と言っていただけます。
有り難い事です。

子育てはいろいろ悩みますが、(第一子は特にね…)まぁ、過ぎてみれば、「ああぁ、辛かったなぁ。でも。ま。過ぎてみれば笑い話かなぁ」という感じです。

これからもきっと、色々悩むんだろうなぁ…。
ふぅ。


寝ない子のその後のお話はこれでおしまいです!
どうでしたか(#^-^#)

高校受験に有利な「習い事」って?


Tweet

よく読まれているページ

ママの辛いココロ
ママが不眠に!?
寝ない赤ちゃん・寝る赤ちゃん
赤ちゃんは夜泣き。何故パパは横で熟睡できるのか!?
ママ友って必要?

寝ない赤ちゃん体験談

寝ない赤ちゃん体験談(はじめに)
寝ない赤ちゃん体験談(1)
寝ない赤ちゃん体験談(2)
寝ない赤ちゃん体験談(3)


寝ない赤ちゃん育児を変えよう

寝ない赤ちゃんと向き合う
ベッドで寝かせるのを諦めよう
何はともあれ、抱っこひも
寝かし付けの工夫
お風呂(沐浴)を工夫
赤ちゃんの入眠・起床
ベビーマッサージ
授乳時間をエンジョイ
ネットを上手に活用
パパに育児ヘルプを!
頻回授乳のすすめ


辛いココロを切り替えよう

ママの辛いココロ
うつむきたくなった時に読むことば
番外編:ママの不眠
番外編:二人目を考え始めた時
番外編:素敵なママになろう


寝ない赤ちゃんの不思議

何故泣く?何故抱っこ?
寝ない赤ちゃん・寝る赤ちゃん
「夜泣き」と「シナプス」
抱っこして歩くと泣き止む赤ちゃん
よその赤ちゃんってどんな感じ?


抱っこの小道具

スリングを使ってみたら
腱鞘炎サポーターで手首痛解消
授乳エプロンでどこでも授乳
簡易抱っこ紐「ダコビー」
トコちゃんベルト


寝ない子ママのコラム

寝ない・泣き止まない赤ちゃんへの虐待を減らしたい
寝不足になると脳は不快な物に反応。抑制も効きにくい
不眠が脳にダメージを与える
赤ちゃんは夜泣き。何故パパは横で熟睡できるのか!?
ママ自身はケアされているか?
産後の母子同室・母子別室
迷子紐は虐待か? 正しい使い方は?
寝ない子のその後…
ママ友って必要?


寝ない子ママの助け合い掲示板


妊娠時の嫁姑問題
出産時の嫁姑問題
育児中の嫁姑問題


発熱時の看病のコツ
子どもの入院事前準備をしよう


乳腺炎の体験談
乳腺炎の症状(体に出る症状・母乳に出る症状)
乳腺炎の原因とは?


管理人「なおっぺ」の姉妹サイト

嫁姑問題応援サイト
実録★乳腺炎
子どもの入院準備と対策


 メールフォーム

2006-寝ない子ママの小道具図鑑  All rights reserved.
このサイトに掲載されている情報・画像・文章の著作権は、寝ない子ママの小道具図鑑にあります。無断で転載(複製・改変・模倣含む)することは堅くお断りいたします


ホームページに戻る